うるま放送部

沖縄羅針盤

沖縄ブランドをキーワードに様々なジャンルの人、物、企業を紹介します。

さとうきび畑の言葉

沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

6月23日放送分

今週のコーラルラウンジは、
株式会社オキネシア代表取締役の金城幸隆さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんと
のおしゃべり。
1959年沖縄県那覇市生まれ。1978年県立那覇高校卒業後、
1984年株式会社エバーオンワード入社。
県産黒糖で空前のヒットとなる『ちょっちゅね』をはじめ30アイテム余の
食品をプロデュースし、同社取締役を経て1996年にオキネシアを設立します。
県産素材を活かしながら独自の切り口で地場産品の企画開発に取り組む金城さん。
そんな中、オキネシアのある商品とつながるあの曲にまつわるエピソードを語ってくれたそうです。

この番組をシェアする

Embed Tag

アベノミクスと経済 2

沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

6月16日放送分

今週のコーラルラウンジは、
おきなわ証券株式会社の代表取締役社長の上原守さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんとの
おしゃべり。

上原さんは、1962年生まれ、久米島のご出身。
琉球大学卒業後、1987年におきなわ証券入社。
法人部課長を経て2002年執行役員企業金融部長に就任。
2008年琉球ホールディングズ代表取締役社長を経て、
2010年3月、おきなわ証券代表取締役社長に就任されます。

先週からの島田さんとのおしゃべり、さっそくその続きを聞いてみましょう!

<a href="http://mp3.uruma.jp/radio/cm/25_2011_11_15_790.mp3">ダウンロードはこちら<img src='http://uruma.jp/new/image/podcasting_dl.gif' border="0" /></a>

<a href="http://uruma.jp/radio/mp3/25.xml">
<img src="/rokinawa/timg/middle_1148983789.gif" border="0"></a>
↑↑ iTunesへの登録は、このアイコンをドロップして下さい。

この番組をシェアする

Embed Tag

アベノミクスと経済 1


沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

6月9日放送分

今週のコーラルラウンジは、
おきなわ証券株式会社の代表取締役社長の上原守さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんとの
おしゃべり。
上原さんは、1962年生まれ、久米島のご出身。琉球大学卒業後、
1987年におきなわ証券入社。
法人部課長を経て2002年執行役員企業金融部長に就任。
2008年琉球ホールディングズ代表取締役社長を経て、
2010年3月、おきなわ証券代表取締役社長に就任されます。

おきなわ証券株式会社は、
現在のアジア地域の発展と重複する経済構造の中で
今後の沖縄の発展が期待されている昨今、
沖縄の地の利を活かしつつ、
地域密着のさらなる進展と県民の負託に
応え、県民の資産形成に寄与していくことを役割と考えている
「地域密着」「地域貢献」を合言葉にした県内唯一の地元証券会社。

そんな上原さんと島田さん。話題はやはり「安倍政権誕生後の株高と円安の動向」や
「安倍政権のアベノミクス三本の矢」等、経済の話に華が咲きます。
日本の、そして沖縄の当面の景気はこのまま順調に回復するのか?

島田さんとのおしゃべり、さっそく聞いてみましょう!

この番組をシェアする

Embed Tag

次なる旅先は・・・。




沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

5月26日放送分

今週のコーラルラウンジは、
元沖縄大学教授の緒方修(おがた おさむ)さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんと
のおしゃべり。

緒方さんは1946年生まれ、熊本県出身。
中央大学卒業後、文化放送に入社後、制作ディレクターや報道記者を経て
国際報道番組チーフプロデューサーを担当すると、
「テヘラン米大使館占拠事件」の取材で文化放送社長賞を受賞しました。

1997年に退社した後、沖縄大学人文学部国際コミュニケーション学科教授に転身し、
メディア論等の教鞭をとりながら、地域研究所所長も務めました。
今年3月に沖縄大学を任期満了で退任、現在はNPOアジア倶楽部理事長を務める。

島田さんとのおしゃべりを聞いてみましょう!

この番組をシェアする

Embed Tag

世界中のCMが沖縄に集結!




沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

6月2日放送分

今週のコーラルラウンジは、
キングジョー・ファクトリー代表でグラフィックデザイナーの
金城智博(ともひろ)さんと
富田めぐみとのおしゃべり。

金城さんは1972年生まれ、那覇市出身。

沖縄国際大学を卒業後、
1997年、デザイン専修学校インターナショナルデザインアカデミー
グラフィックデザイン科を経て、
県内の広告代理店でグラフィックデザイナーや
アートディレクターとして活動をスタートします。
翌年から同校でグラフィックデザインの専任講師を務める傍ら、
2006年から『キングジョー・ファクトリー』の活動名で
個人でグラフィックデザイン業務に携わるようになります。

同年、世界のCMフェスティバルのオフィシャルロゴマークが全国の会場で採用され、
2008年からは世界のCMフェスティバルの沖縄会場だけでなく、
他県のフライヤーデザインも担当し、現在に至ります。

そんな金城さんが世界のCMフェスティバルとの繋がりをお話して頂きました。
それでは、その様子をお聞きください。

この番組をシェアする

Embed Tag

沖縄の地位協定と5・15 その2




沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

5月19日放送分

今週のコーラルラウンジは、
沖縄国際大学教授の前泊博盛(まえどまり・ひろもり)さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんと
のおしゃべり。

前泊さんは1960年生まれ。
駒澤大学法学部を卒業後、明治大学大学院修了し、
84年に琉球新報社へ入社しました。
社会部、政経部、編集委員、論説委員長などを経て
現在の職に就きます。

今年3月に
『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』
が発売され話題になっている前泊さん。

先週からのおしゃべりの続きをお聞きください!どうぞ!

この番組をシェアする

Embed Tag

沖縄の地位協定と5・15 その1



沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

5月12日放送分

今週のコーラルラウンジは、
沖縄国際大学教授の前泊博盛(まえどまり・ひろもり)さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんと
のおしゃべり。

前泊さんは1960年生まれ。
駒澤大学法学部を卒業後、
明治大学大学院修了し、
84年に琉球新報社へ入社しました。
社会部、政経部、編集委員、論説委員長などを経て
現在の職に就きます。

著書に『子供たちの赤信号』『もっと知りたい!本当の沖縄』
『沖縄と米軍基地』などがあり、
そして今年3月には
『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』
が発売され話題になっています。

島田さんが前泊さんと初めて会ったのは1997年、当時からIT産業先進都市であった
シンガポールとクワラルンプールに沖縄の将来像を描くための取材旅行を
企画した時からの付き合いだそうです。

そんな前泊さんと島田さん、
いったいどんなおしゃべりを繰り広げるのでしょうか。
ちょっと聞いてみましょう!

この番組をシェアする

Embed Tag

[IT]と[人]がコンセプト




沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

5月5日放送分

今週のコーラルラウンジは、
株式会社メディアフラッグ 代表取締役社長 福井 康夫 (ふくい やすお)さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんとのおしゃべり。

福井 さんは、 
1968年、千葉県生まれ。1991年、早稲田大学法学部卒業後、
三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行し、
銀行員としてビジネスの基本と提案型融資営業を経験。
1995年、株式会社セブン-イレブン・ジャパンに転職し
約1年間、店長を経験後、スーパーバイザーとなります。
各店舗の指導・教育を担当した後、
店舗システム活用推進プロジェクトを担当します。

2001年、株式会社セブンドリーム・ドットコムに移動し、
インターネット通信販売事業を立ち上げる仕事に携わりました。

そして、2004年、
株式会社メディアフラッグを設立、代表取締役社長就任。
『「IT」と「人」をキーワードに流通業界に新しい価値を創造する』
を事業コンセプトにマーケティング支援を目的とした、
流通業界向けアウトソーシングビジネスモデルで事業を拡大。
2012年9月、東証マザーズに上場を果たした。

昨年から名護市に事業所を開設し、
沖縄を拠点とするビジネスを今年から本格化するそうです。
島田さんとのおしゃべりをお聞きください。

この番組をシェアする

Embed Tag

4・28を考える



沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

4月28日放送分


今週のコーラルラウンジは、
元副知事の吉元政矩さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんとのおしゃべり。

吉元さんは、1936年与那国島のご出身。

気象台に勤務する公務員を経て、1963年に27歳で沖縄県祖国復帰協議会・事務局長に就任。


その後、琉球政府職員で組織する沖縄官公庁労働組合書記長をつとめた、
文字通り沖縄の祖国復帰闘争の中心的役割を担った人物の一人です。

1978年に沖縄県企画調整部・企画調整室へ職場復帰し、
県立芸術大学、沖縄コンベンションセンター、創設の企画に携わる。

1983年沖縄県庁を退職後、沖縄県労働組合協議会・事務局長に就任し、
米軍用地20年強制使用反対東京行動や嘉手納基地包囲行動などを企画。
1990年の大田県政の誕生に繋がります。

そして1993年、沖縄県副知事に就任し、国際都市形成構想・基地返還アクションプログラムの策定・
経済特別区の導入、といった政策を掲げ日本政府との交渉役を担いました。

そんな吉元さんに、61年前の4月28日のこと、沖縄にとって4.28の意味について訊いていきます。

この番組をシェアする

Embed Tag

南大東島は挑戦する!

沖縄羅針盤

毎週日曜日 午後4時半〜5時 放送中

4月21日放送分


南大東島は挑戦する!


今週のコーラルラウンジは、
南大東村商工会会長の垣花恵忠(かきのはなけいちゅう)さんと
ラウンジ常連客で沖縄大学地域研究所特別研究員の島田勝也さんとのおしゃべり。

垣花さんは、
南大東島でサトウキビを中心とする農業のほか、飲食業や観光業も営み、
およそ15年前から島の振興に積極的に取り組んでいます。

島の魅力をどのように表現してブランド化していくのか、という課題を
自ら設立した「南大東島ブランディング委員会」の中で常に考え続けています。
ちなみにこの「ブランディング委員会」の委員長は島田さんが務めているいます。

さらに今回のコーラルラウンジは、
南大東村観光協会会長、吉里江利子(よしざとえりこ)さんの声もお届けします。
島で唯一のホテル「ホテルよしざと」の二代目で、
こちらも島と観光を真剣に考えているお1人です。

島の観光産業振興への挑戦を支える3人が、
南大東島を熱く語ります。

この番組をシェアする

Embed Tag

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

「沖縄ポッドキャスティング~うるま放送部~」では、ROK(ラジオ沖縄、AM放送)、78タイフーンfm(コミュニティFM放送局)が制作した人気番組をポッドキャストで、ほぼ毎日アップしています。方言ニュースやトーク番組など、沖縄ならではのローカル色あふれるプログラムでいっぱいです。その場ですぐに聴いたり、デジタルプレーヤーにダウンロードして、ぜひお楽しみください。